MEET

出会い

人と出会う、モノと出会う、感覚と出会う。

出会うものはさまざまですが、何に出会っても、
出会ったことで昨日とはちょっとだけ違った今日がはじまります。

「ちょっとだけ違う」ってところが大事なのだ、
とヴァニラリーフは考えています。

ある施主がヴァニラリーフの店に尋ねてこられました。

ヴァニラリーフの店内はいろいろなものがあります。

雑貨、アクセサリー、そしてドアノブやタイルなどの建築素材も。

そのなかで、メキシカンボールが施主の目にとまりました。

手書きの模様がかわいいメキシカンボールは、
施主とヴァニラリーフの出会いとなりました。

「こういう雰囲気に包まれる空間を創りたい」
という施主の話を聞くうちに、住宅を施工することになりました。

私たちは出会いをとても大切だと思っています。

そして、自分が惹きつけられる何かと
出会うまで諦めないことが大切だと思っています。

家族や地域文化を大切に思い、
そこで暮らすことを決めた施主にとって、
わが家が、あるいはその土地で構えた店舗が
自慢したくなる場所であるために、
ヴァニラリーフが提案したいのは、
「五感で感じる心地よさ」です。

たとえば、伸びやかな空間と無駄のない動線、
そして素材の質。

それらは動作や手触り、
陽射しや風の流れとして空間の居心地の良さを生み出す要素です。

ヴァニラリーフは空間、動線、素材の質を
住まい・店舗作りの基本要素として、
五感で感じる心地よさを創造しています。

それが、
「出会いを発展的に熟成させてゆく住まい」
「今も、これからも、ずっと居心地のいい住まい」
を創ることだと考えています。

こんな風に、
「ちょっとだけ違う明日」
を創れる出会いをプロデュースすること。

それがヴァニラリーフの仕事です。